本文へジャンプ
記録の申請について






日本記録や、長野県記録更新時の承認手続きについて紹介しています

県外マスターズ大会や、県内マスターズ大会以外の各種競技会(長野県陸協主催競技会など)に参加し県記録以上の更新があった場合は、記録の承認手続きが必要となります。
記録更新があった場合は、記録委員長の飯山支部 高橋政幸さん(〒389-2254 飯山市飯山3146)あて、記録申請書に必要事項を記載し、記録賞か賞状のコピーを添えて申請してください。


(記録申請が必要な具体的事例)

事例1/全日本マスターズ大会で長野県記録の更新があった場合→記録の申請が必要

事例2/他県開催マスターズ大会で長野県記録の更新があった場合→必要

事例3/各種公認大会において長野県記録以上の記録更新があった場合→必要

事例4/県外で開催の東海マスターズ選手権で長野県記録の更新があった場合→必要



(記録申請が必要ない具体的事例)

事例1/全日本マスターズ大会で日本記録以上の更新があった場合→記録の申請必要なし(日本連合により申請のため)

事例2/長野マスターズ連盟主催の競技会で長野県記録以上の記録更新があった場合→必要なし(長野連盟により申請のため)

事例3/県内で開催の東海マスターズ選手権で長野県記録以上の記録更新があった場合→必要なし(長野連盟により申請のため)

(注)県記録以上の更新があった場合は、上記事例にあてはめ、申請の有無をご判断ください。判断に困った場合は、記録委員長の高橋政幸さんにご確認ください。期限を過ぎた場合は記録の申請手続きができませんので特にご注意ください。



記録申請書は次により入手してください。

 

(Excel)   ■(PDF)


※風向、風速により追い風参考記録となる競技(60M、100M、80MH、100MH、110MH、走り幅跳び、三段跳び等)については、風向、風速を証明する記録証が必要となります。

※日本記録以上の記録更新があった場合は、競技終了後4週間以内に日本マスターズ連合に申請手続きを完了する必要があるため、予め余裕をもって申請を行ってください。


〔重要なお知らせ〕

平成22年度より長野マスターズ連盟への記録の申請は競技終了後6ヶ月以内に申請手続きを完了することになりました。終了後6ヶ月を経過した記録(長野県記録)は公認となりませんのでご注意ください。



PDFデータ入手できない場合はAdobe Readerのインストールを行ってください。





   長野マスターズ陸上競技連盟    Copyright c 2009- NAGANO MASTERS. All Rights Reserved.