本文へジャンプ
マスターズ陸上とは






マスターズ陸上競技について紹介しています



マスターズ陸上大会の歴史

日本のマスターズ陸上は1978年1月和歌山で産声を上げました。1980年に第1回全日本マスターズ陸上競技選手権大会が和歌山で開催されてから全日本選手権は毎年開催されています。



参加資格・年齢

マスターズ陸上は、男女共に18歳以上(高校生、学連登録者を除く)から、競技成績に関係なく会員になれ、生涯楽しく同年代の人々と競技ができます。5歳刻みであるため、5年毎にクラス別の最若手となり記録更新・上位入賞のチャンスもあります。

参加資格が変更され、男子M-24(アンダー24)、M25、M30、女子W-24(アンダー24)、W25、W30が追加されました。


気楽に得意とする競技種目を変えて新しいチャレンジも可能です。誰でも気楽に「競技記録志向」もよし「健康管理」もよし、「仲間作りの機会」でも又はこれらの混合型でも、誰にも強制される事もなく自分の体力と人生観に従って競技を楽しめます。



競技種目  ※日本マスターズ陸上競技連合公認種目

(男子)

◆60m ◆100m ◆200m ◆400m
◆800m ◆1500m ◆3000m ◆5000m
◆10000m ◆3000m競歩 ◆5000m競歩
◆80mハードル(70歳以上) ◆100mハードル(50~69歳) ◆110mハードル(49歳以下)
◆300mハードル(60歳以上) ◆400mハードル(59歳以下) ◆2000m障害(60歳以上) ◆3000m障害(59歳以下)
◆4×100mリレー ◆4×400mリレー
◆走高跳 ◆棒高跳 ◆走幅跳 ◆三段跳
◆砲丸投 ◆円盤投 ◆ハンマー投 ◆やり投
◆重量投
◆五種競技(、走幅跳、やり投、200m、円盤投、1500m)
◆十種競技(100m、400m、1500m、ショートハードル、走高跳、棒高跳、走幅跳、砲丸投、円盤投、やり投)
◆重量五種(砲丸投、円盤投、ハンマー投、やり投、重量投)
立五段跳
跳躍五種

※ ロード競技: フルマラソン、ハーフマラソン、20km、10km、5km、20k競歩


(女子)

◆60m ◆100m ◆200m ◆400m
◆800m ◆1500m ◆3000m ◆5000m
◆10000m ◆3000m競歩 ◆5000m競歩
◆80mハードル(40歳以上) ◆100mハードル(39歳以下) ◆300mハードル(50歳以上) ◆400mハードル(49歳以下)
◆2000m障害 ◆4×100mリレー ◆4×400mリレー
◆走高跳 ◆棒高跳 ◆走幅跳 ◆三段跳
◆砲丸投 ◆円盤投 ◆やり投 ◆ハンマー投
◆重量投
◆五種競技(800m、ショートハードル、走高跳、走幅跳、砲丸投)
◆七種競技(200m、800m、ショートハードル、走高跳、走幅跳、砲丸投、やり投)
◆重量五種(砲丸投、円盤投、ハンマー投、やり投、重量投)
立五段跳 
跳躍五種

※ロード競技: フルマラソン、ハーフマラソン、20km、10km、5km、10k競歩


クラス  ※5歳刻みのクラスに分かれて競います

クラス

男子

 

クラス

女子

M-24  (アンダー24)   W-24  (アンダー24) 
M25 25-29歳   W25 25-29歳 
M30

30-34歳

 

W30 30-34歳

M35

35-39歳

 

W35

35-39歳

M40

40-44歳

 

W40

40-44歳

M45

45-49歳

 

W45

45-49歳

M50

50-54歳

 

W50

50-54歳

M55

55-59歳

 

W55

55-59歳

M60

60-64歳

 

W60

60-64歳

M65

65-69歳

 

W65

65-69歳

M70

70-74歳

 

W70

70-74歳

M75

75-79歳

 

W75

75-79歳

M80

80-84歳

 

W80

80-84歳

M85

85-89歳

 

W85

85-89歳

M90

90-94歳

 

W90

90-94歳

M95

95-99歳

 

W95

95-99歳

M100

100-104歳

 

W100 100-104歳



ルール

基本的に一般の陸上競技と同じ国際陸上競技連盟(IAAF)のルールに基づいて競技します。
一部年齢を考慮したルールを用います。




   長野マスターズ陸上競技連盟    Copyright c 2009- NAGANO MASTERS. All Rights Reserved.